■キッチン ■トイレ ■浴室 ■バリアフリー ■外装改修 ■増築・大規模改修 ■古民家再生
 

K様邸
築年数を経た家屋の一角にあった浴室。
設備の劣化が目立っていました。

断熱効果の高いユニットバスの採用で寒さを解消。
洗面、廊下のリフォームと併せて暖かく快適な空間になりました。

築年数:約70年
住居形態:木造二階建(店舗兼)
施工期間:約1ヶ月(その他工事箇所含む)

Y様邸
在来工法の古い設備で、タイルはめくれ、
あちこち傷みが進んでいました。

ユニットバスに変更。暖かく、快適な空間になりました。
ルーバー付きのサッシで明るさも確保しつつ、防犯にも気を配りました。

築年数:約135年
住居形態:木造二階建(店舗兼)
施工期間:約1ヶ月(その他工事箇所含む)

在来工法なので、浴室全体が寒く、浴槽の湯が冷めやすいことなどからユニットバスへの変更を希望されました。 お手入れしやすく断熱効果の高い浴槽、ガス浴室暖房乾燥機の採用でより暖かく、快適な空間になりました。また、明るさ確保と防犯対策のため、目隠し可動ルーバー付きのサッシに変更しました。

築年数:約21年
住居形態:木造二階建
施工期間:約2ヶ月(その他工事箇所含む)

01 02 03
在来の浴室は築年数も経ていて、狭く使いずらいものでした。
快適性と機能性をアップし、壁部分に一部ヒノキ材を使うなど、他のリフォーム部分と統一を図りました。
タイル貼りの浴室は冬場は冷えてすぐ湯が冷めてしまっていました。また、タイルのヒビ割れ、カビなども悩みの種でした。 自動湯張り機能付きユニットバスに変更。追い炊きもできるようになり、お掃除も楽になりました。
中古住宅購入に伴うリフォームのご依頼でした。 在来工法の設備をユニットバスに変更、全面の大きな窓をカバー工法のサッシに変更しました。
ステンレス浴槽、タイル貼りの浴室は寒く、お湯が冷めやすいのが難点でした。また、床のタイルは滑りやすく、汚れが落ちにくくなっていました。 自動湯張り機能付きユニットバスに変更。滑りにくい床材を採用、バリアフリー対策で手すりを数ヶ所取り付けたことで、安心して入浴できるようになりました。
子どもたちが大きくなり、浴室全体が手狭になったこと、在来工法であるため、お湯が冷めやすいことなどから、改修を希望されました。

I浴室サイズを0.75坪から1.25坪へと拡張。浴室暖房乾燥機の取付けにより、浴室特有の寒さを解消し、ヒートショック防止対策を行いました。
在来工法なので、浴室全体が寒く、タイル汚れも目立っていました。 お手入れしやすく断熱効果の高い浴槽、ガス浴室暖房乾燥機の採用でより暖かく、快適な空間になりました。
▲ページ上部へ
Copyright (C) 2009 Honjo kogyo Corporation. All Rights Reserved.