HOME

 
TOPICS
  住宅見学会
  カレンダー
木の家のコンセプト
  本庄へのご質問と返事
会社案内
  事業案内
ホンジョルノ広場
  イベント案内
  ギャラリー青壁
  活動報告
提案する木の住まい
  森のすみか
  JDフォレスト
  木箱スタイル
薪ストーブのある暮らし
  薪ストーブ100スナップ
  オーナーボイス
  ほむらの会
Jブロック
本庄NEWS
掲載雑誌
本庄工業の自由日記 木まぐれスナップ
お問合せ
耐震リフォームチームのブログ リフォームの匠    
本庄工業社長のブログ 岐阜で輝く岐阜が輝く    

サブコンテンツ クラフトインテリア 建設ドキュメント

1月から2月にかけての2週間分の記録をご紹介します。
この1月と2月に用いた暖房は、土間に置いてある薪ストーブのみでした。外気温度が0度前後の日でも薪ストーブに火を入れると室内温度は20度前後まで上がり、薄手のセーターでも快適に過ごせる程でした。これは開放的な間取りによって、暖かい空気が効率良く家中に循環するためだと思われます。また注目できるのはストーブの火を消し退館した後に、外気の最低気温が0度以下の日でも室内は10度以上を保っている点です。これにより土壁の高い断熱性を確認していただけると思います。このように断熱性に優れているために常に露点温度より10度以上の高い室温が保たれ、結露によって建材が朽ちる心配もありません。


■室内温度<1F>2003年1月24日〜2月7日



■室内温度<2F>2003年1月24日〜2月7日



■室外温度 2003年1月24日〜2月7日



サブコンテンツ クラフトインテリア 建設ドキュメント
    ページ上部へ