HOME

 
TOPICS
  住宅見学会
  カレンダー
木の家のコンセプト
  本庄へのご質問と返事
会社案内
  事業案内
ホンジョルノ広場
  イベント案内
  ギャラリー青壁
  活動報告
提案する木の住まい
  森のすみか
  JDフォレスト
  木箱スタイル
薪ストーブのある暮らし
  薪ストーブ100スナップ
  オーナーボイス
  ほむらの会
Jブロック
本庄NEWS
掲載雑誌
本庄工業の自由日記 木まぐれスナップ
お問合せ
耐震リフォームチームのブログ リフォームの匠    
本庄工業社長のブログ 岐阜で輝く岐阜が輝く    

JDフォレスト

「JDフォレスト」の家は、材木屋として、国産の、それも地域の木材をふんだんに使うことを考え、辿り着いた工法です。人工林を健全な状態にするのに欠かせない間伐からでる木(間伐材)をたくさん使うことも重視して、 間伐材でつくられたJパネル*を古来からある”板倉づくり”のように柱と柱の間に落とし込みます。小径木から作られた杉板を3層に互い違いに合わせた36 mmの構造用面材のJパネルは、構造耐力(壁・水平構面)、調湿性、断熱性・蓄熱性などに優れています。私たちは、岐阜県産材の杉の小径木を持ち込みJパネルを製造してもらい使っています。柱間に上から落し込み、外部を釘で固定して強い耐力壁を形成、そして、2Fの床の水平構面も壁と同様にJパネルで固めています。

 そして、耐力に負けない接合部には、真壁用接合金物のDボルト*で構造材を緊結。大きな力のかかる構造材の継手や仕口に、材の芯に入り力の片寄りがない、丸く広い面で材と接しめり込みにくい、Dボルトを使います。
jd1

JD2

JD3
 

 私たちの使う柱、横架材、そして造作材・仕上げ材の多くは、基本的に長良川流域の杉や東濃桧を使用しています。Jパネルも合わせて考えると、地元の材が大半であり、山側の活性への寄与はもちろん、木材の産地と消費地が非常に近いためウッドマイルズ的にCO2の排出量削減など環境への配慮もしています。
 構造的には、Jパネルで壁・床を固めて、Dボルトで接合部を緊結する他に、柱や壁ラインが上下階で揃う、シンプルな架構を心掛けています。架構がシンプルであれば、地震や台風からの力の流れ方もわかりやすく、そしてシンプルな架構はリズムがあり美しい空間を造ります。
 柱や梁などの構造材が表しの真壁*となっています。壁・床・屋根には、ペットボトルをリサイクルした断熱材(パーフェクトバリア)を使用し、壁と屋根に設けている通気層が夏の暑さ対策に大きく貢献します。冬は、断熱性が高いので薪ストーブなどの暖房器具が一台でも広く補うことができます。また、構造が真壁ゆえ将来の躯体のメンテナンスもわかりやすく、よりしやすくなります。
 壁や天井はJパネルや杉の野地板で、床は桧のフローリングで仕上げられ、家全体が木目や節にあふれ、まさに木に包まれています。そして、昔の民家のように、光と風を上手く取り入れられたり、引き戸を多用して閉じたり開いたりできる間取りや工夫がエコロジーな暮らし方に役立ちます。真夏でもエアコンにあまり頼らず、また冬には木のぬくもりが家全体を包み込むような温かさを体感できます。家族の団らんやコミュニケーションをいつまでも楽しめるそんな家族思いの空間*が生まれています。
 このような住まいと暮らし方は、LCA(ライフ・サイクル・アセスメント)の面から見ても、材料の生産時、建物の建築時、生活時、廃棄時のエネルギーの排出が一般的な住宅よりかなり少ないはずです。いわゆるエコ商品的なものは、とかくその生産時に大量にエネルギーを使っていながらランニングコストの削減のみ謳われがちですが、本当に環境のことを考えるとトータルで評価すべきであり、長い目で価値・金額を考えるLCC(ライフ・サイクル・コスト)を意識すべきと考えます。





<Jパネル>
JパネルのJはJAPANEESEの略。
杉の間伐材を有効利用した厚さ36ミリの高性能パネル(構造用合板)。厚さ12ミリの杉板を繊維方向を互い違いに3枚重ね、断熱・蓄熱保温・調湿・遮音性に優れています。節や木目がいっぱいのこのJパネルは、壁倍率2.5倍の高強度の認定を受け、グッドデザイン賞も受賞しています。まさに間伐材の救世主と言えます。

<Dボルト>
DボルトのDはDREAMの略。
柱・土台・梁などの構造材を緊結する真壁用ボルト。Jパネルで壁の耐力が増すと、地震時に柱に大きな引き抜き、梁に引張りがかかるため、このボルトでしっかり耐えるよう緊結します。このDボルトは柱や梁の節にも自然にあうデザインで、まさに木の家のためのボルトと言えます。

<真壁(しんかべ)>
柱や梁などの構造材がそのまま現れている造りを真壁と言います。家を支えている柱や梁の力強さや、整然と立ち横並ぶ木組みの美しさがあります。自然のものですから木目も節もあります。見て、触れて、香りを嗅いで、五感で木を感じていただける構造です

<開放的な間取り>
廊下をなるべく減らし、不用な間仕切りをなくすなど、上下のつながりも含めできるだけ開放的な空間がとれる設計を心掛けます。同じ大きさの空間で無駄なスペースが少ない方が広く感じるし、使えます。引き戸などで仕切りたい時には仕切るが、広くつながった空間にもなるプランは、明るいし、風もよく流れます。また、子供室は、最初から個室形式にせず、できるだけ広いスペースで自由に遊び、そこで勉強したり、寝たりもする。親の目が行き届く、家族の気配を感じられるそんな暮らしを意識した間取りを提案しています。


    ページ上部へ